文字サイズ
小
中
大

印刷

Language

でんき予報

でんき予報の見方


Flash Player のダウンロード

--月--日(-) 電力使用見通し

--月--日--:--想定

--%

予想最大電力
(--:--~--:--)
----万kW
ピーク時供給力 ----万kW

“ピーク時供給力の内訳"

使用率にもとづく色表示について

本日--時台の電力使用実績

--月--日--:--更新

--%

実績値 ----万kW
ピーク時供給力 ----万kW

現在 ----万 kW(--:-- 更新・速報)

本日の使用状況グラフ



 

お知らせ

2014/7/9
磯子火力発電所新1号機の復旧について

当社が電力供給を受けている電源開発(株)磯子火力発電所新1号機(定格出力:60万kW)は、平成26年6月29日に発生した押込通風機の電気故障により運転を停止しておりましたが、7月9日午前7時、発電を再開しており、当社の供給力に織り込んでおります。

2014/6/30
夏のでんき予報について

日頃より、でんき予報をご覧いただき、誠にありがとうございます。
7月1日(火)から9月30日(火)(予定)の間、夏期の「でんき予報」を展開いたします。
具体的には、現在の掲載情報に加えて、下記の2項目を追加掲載します。
 (1)「1時間毎の使用予測値(平日:9時台から19時台対象)」
 (2)「週間見通し(翌週・翌々週)」
なお、その他の情報・データにつきましても、現状通り継続いたしますので、引き続きのご利用をよろしくお願い申し上げます。

2014/6/9
千葉火力発電所3号系列第3軸ガスタービンの停止について

千葉火力発電所3号系列第3軸ガスタービン(所長:松崎 章夫[まつざき あきお]、所在地:千葉県千葉市中央区蘇我町2丁目1377、運転開始日:平成24年7月10日、出力:33.4万kW、熱効率:39.0%、燃料:LNG)は、増出力ならびに発電効率を向上するため、コンバインドサイクル発電方式へ変更する工事を行い、平成26年3月に試運転を開始(コンバインドサイクル化後の定格出力:50.0万kW、熱効率:約58%)しておりましたが、平成26年6月6日午前2時51分にガスタービンの動翼(羽根車)出口ガス温度が上昇したことから、運転を停止いたしました。
今後、不具合箇所について詳細な調査を行い、補修作業を行ってまいります。

2014/5/9
鹿島火力発電所2号機の復旧について

鹿島火力発電所2号機は、平成26年4月21日(月)にボイラー内チューブ(直径5㎝程度の金属製細管)から蒸気が漏えいしたため、運転を停止しておりました。
その後、損傷部位の修理を行うとともに周辺部位の点検を完了しました。なお、本日(5月9日(金))の電力使用見通しは安定的であることから、運転待機となっております。
原因は漏えい箇所上流の配管を固定する部材が経年劣化により外れてチューブ内に詰まり、蒸気流量が減少したことから、チューブが想定以上に過熱され損傷したものと推定しております。

2014/4/28
東扇島火力発電所2号機の復旧について

東扇島火力発電所2号機は、平成26年4月22日(火)にボイラー内チューブ(直径5cm程度の金属製細管)から蒸気が漏えいしたため、運転を停止しておりました。その後、損傷部位の修理を行うとともに周辺部位の点検を行い、本日(4月28日(月))午前5時38分に発電を再開しております。
原因はボイラー内再熱器が経年的に劣化し、燃焼ガスの影響を直接受けたことから、想定以上に過熱されたため損傷したものと推定しております。
※再熱器とは、高圧タービンにて仕事をした蒸気を再び加熱し中圧タービンを回す蒸気状態にする機器のこと。

2014/3/11
相馬共同火力新地発電所2号の復旧について

当社が電力供給を受けている相馬共同火力発電(株)新地発電所2号機(福島県相馬郡新地町、主要燃料:石炭、定格出力:100.0万kW、当社は47万kWを受電)は、平成26年2月2日に発生したボイラー内部にて蒸気の漏えいが確認されたため運転を停止しておりましたが、3月11日午後2時00分、発電を再開しており、当社の供給力に織り込んでおります。

2014/3/5
千葉火力発電所3号系列第3軸の試運転開始について

当社は、千葉火力発電所敷地内に設置しているガスタービン発電設備(所長:松崎 章夫[まつざき あきお]、所在地:千葉県千葉市中央区蘇我町2丁目1377、定格出力:33.4万kW×3台、熱効率:39.0%、燃料:LNG)をコンバインドサイクル発電方式に変更し、増出力ならびに発電効率を向上させる工事を実施しておりますが、本日(3月5日)9時50分、3号系列第3軸(コンバインドサイクル化後の定格出力:50.0万kW、熱効率:約58%)については工事が完了し、試運転による発電を開始いたしました。
なお、3号系列第1軸は平成25年12月4日、3号系列第2軸は平成26年1月15日に試運転による発電を開始しており、このたびの3号系列第3軸により、全軸が発電を開始しております。
今後、営業運転開始まで、発電設備が安定的に稼働するよう燃焼機器などの調整を行うとともに、法令に定められた各種検査を行ってまいります。
コンバインドサイクル化工事の詳細についてはこちらをご覧下さい。

2014/2/26
葛野川発電所4号機の試運転開始について

当社は、平成26年6月の営業運転開始に向けて、葛野川発電所4号機(所在地:山梨県大月市・甲州市、定格出力:40万kW、型式:揚水式水力発電)の増設工事を進めているところですが、本日(2月26日)14時31分に試運転による発電を開始いたしました。
今後、営業運転開始まで、発電設備が安定的に稼働するよう機器の性能および健全性の確認を行うとともに、法令に定められた各種検査を行ってまいります。
葛野川発電所の詳細についてはこちらをご覧下さい。

2014/2/5
鹿島火力発電所7号系列第2軸の試運転開始について

当社は、鹿島火力発電所敷地内に設置しているガスタービン発電設備(所長:石井 宏久[いしい ひろひさ]、所在地:茨城県神栖市東和田9、定格出力:26.8万kW×3台、熱効率:37.1%、燃料:都市ガス)をコンバインドサイクル発電方式に変更し、増出力ならびに発電効率を向上させる工事を実施しておりますが、本日(2月5日)11時00分、7号系列第2軸(コンバインドサイクル化後の定格出力:41.6万kW、熱効率:約57%)については工事が完了し、試運転による発電を開始いたしました。
なお、7号系列第1軸は平成25年12月2日、7号系列第3軸は平成26年1月6日に試運転による発電を開始しており、このたびの7号系列第2軸により、全軸が発電を開始しております。
今後、営業運転開始まで、発電設備が安定的に稼働するよう燃焼機器などの調整を行うとともに、法令に定められた各種検査を行ってまいります。
コンバインドサイクル化工事の詳細については こちら をご覧下さい。

English