お知らせ

2018年2月26日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 この度、当社は三井農林株式会社須玉工場さま(山梨県北杜市)および株式会社コニカミノルタサプライズ本社工場さま(山梨県甲府市)に、「大容量リチウムイオン蓄電池を活用したエネルギーシステム」(以下「本システム」)をご採用いただきましたので、お知らせいたします。

 本システムは、デマンドレスポンス機能を備えているため、電力の需給ひっ迫時には、蓄電池からの放電により、送配電ネットワークからの電力使用を抑えることができます。また、お客さま施設内で停電や瞬時電圧低下が発生した際にも、お客さまの重要設備への電力供給を継続することができ、BCP対策としてもご活用いただけます。

 また、この度ご採用いただいたお客さまのシステムには、株式会社村田製作所製のリチウムイオン蓄電池や、株式会社明電舎製および株式会社YAMABISHI製の電力変換装置(PCS)を使用しています。

 なお、三井農林株式会社須玉工場さまにつきましては、当社の100%出資子会社である日本ファシリティ・ソリューション株式会社が、本システムで必要となる設備の設置・維持管理から効率的な運用方法のコンサルトまで、総合的なエネルギーサービスをご提供いたします。

 本件は関係各社のホームページでもお知らせしております。詳細は以下をご参照ください。

株式会社村田製作所:
「瞬時電圧低下対策向けコンテナ型大型蓄電池システムの提供開始」

株式会社明電舎:
「リチウムイオンバッテリー対応瞬低対策機能付PCSを納入しました」

株式会社YAMABISHI:
「瞬低停電対策用大型リチウムイオン蓄電システムの稼働開始」

日本ファシリティ・ソリューション株式会社:
「三井農林株式会社須玉工場さまにおける蓄電池エネルギーサービスの運用開始について」

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. お知らせ
  4. お知らせ2018年一覧
  5. 大容量リチウムイオン蓄電池システムのご採用について