福島復興への責任 > 環境再生

環境再生への取り組み

国・自治体が実施する除染・中間貯蔵・廃棄物事業の推進、農林業等の再生に向けた人的・技術的協力を行っています。

最近の環境再生活動

2022年10月代表会見でお知らせ
大熊町のご依頼により、町の営農再開に向けた取り組みとして、昨年に続きイベント用のサツマイモ栽培のお手伝いを4月の農地整備から10月の収穫まで行いました。また、今後の出荷制限解除に向けて、水稲の試験栽培のお手伝いを行いました。
大熊町における営農再開に向けた取り組み

賠償・環境再生・復興推進に関する取り組み状況(2022年10月末現在)PDF

主な環境再生活動

  • 安心できる環境を取り戻すために

除染の枠組み

放射性物質への対処は「放射性物質汚染対処特別措置法」を始めとする法令に基づき、国や市町村が主体となって実施されています。

当社は事故の当事者として、避難されている皆さまが一日でも早くご帰還いただけるよう、国や市町村とともに最大限取り組んでまいります。

放射線・除染に関するよくあるご質問

放射線の基礎知識や食品への影響など、よくいただくご質問を一覧にまとめています。


当社の賠償担当を騙る詐欺にご注意ください

賠償に関するお問い合わせ先

  • 原子力損害賠償全般に関して 0120-926-404 9:00~19:00(月~金(除く休祝日))9:00~17:00(土・日・休祝日)
    ※年末年始の受付についてはこちら
  • 土地・建物・家財に関して 0120-926-596 9:00~19:00(月~金(除く休祝日))9:00~17:00(土・日・休祝日)
    ※年末年始の受付についてはこちら
  • 福島第一原子力発電所の処理水処分に関する損害賠償に関して 0120-429-250 9:00~19:00(月~金(除く休祝日))9:00~17:00(土・日・休祝日)
    ※年末年始の受付についてはこちら

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします