トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2015年 > スマートメーターを活用したサービスの一部先行導入について

プレスリリース 2015年

スマートメーターを活用したサービスの一部先行導入について

平成27年2月2日
東京電力株式会社

 当社は、平成26年1月15日に認定された新・総合特別事業計画に基づき、スマートメーターの設置を平成26年4月より開始するとともに、株式会社東芝と「スマートメーター用通信システム」、株式会社NTTデータと「スマートメーター運用管理システム」をそれぞれ共同で開発※1を進めてまいりましたが、このたび、多摩支店サービスエリア※2のスマートメーターが設置された約14万台(平成27年1月20日時点)のお客さまに対して、スマートメーターシステムを活用したサービスの提供を順次開始※3いたします。

<サービス内容>
・お客さまの利便性向上
 お引っ越しなどの際、スマートメーターの電力量(検針値)を遠隔で取得することにより、お客さまの立ち会いなどのご負担を軽減
・停電復旧の迅速化
 停電の際、遠隔でスマートメーターの通電状況を確認することにより、復旧までの時間を短縮化

 また、お客さまサービスの向上とともに、毎月の検針業務を遠隔で実施することなどにより、当社の業務運営の効率化も目指してまいります。

 今後、多摩支店サービスエリアにおけるサービスの提供状況を踏まえ、段階的にエリアを拡大し、平成27年7月からは当社サービスエリア全域においてサービスを提供してまいります。

 当社は、信頼性と拡張性の高いスマートメーターインフラを構築することで、お客さまの使用形態に応じた多様な料金メニューの設定や、よりきめ細かな省エネ支援などを通じ、お客さまの電力料金のご負担軽減や暮らしのお役に立つサービスの提供などに引き続き取り組んでまいります。

以 上

※1 広く国内外の事業者に対して募集したRFP(Request for Proposal)により、スマートメーターのシステム開発に関わるパートナー事業者を決定しております。

※2 東京都の23区および島嶼部を除く地域。また、山梨県北都留郡の一部地域を含む。

※3 2月2日より実施する検針の翌日以降、順次、サービスを提供してまいります。 

<参考資料>

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします